River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

白い月と虚ろな少女

やっと、今日の学校が終わった。
初秋の風は冷たい。
少女は、こんなに晴れているのにな、と、白く虚ろな月が明瞭に見える空を恨めしげに見上げた。
マフラーをしっかりと巻き直し、ユリは自転車のペダルを踏む。
存在が虚ろでぼんやりした影でしかない夕月は、まるで今の自分のように思えた。
自然と下がっていく目線にも気付かず、ユリはすっかり考え込んでいた。
帰宅部の彼女が帰る時間帯は早い。
それでも、日暮れが早くなった今では、家に帰るまでに日が暮れるのは確実だ。
彼女はぼんやりしたまま、自転車を漕いでいた。
交差点の赤信号。気付かず危うく渡るところだった。
慌ててぎりぎりで自転車を止め、ため息を吐いた。
心の中、そのままのような冷たい風に、首をすくめた時、ふと道の色がおかしいことに気付いた。

紅。

濃灰色のはずのアスファルトが、真っ赤に光っていた。
その色の美しさに、ユリは目を奪われた。
ふと、道の先、緩い坂道を見上げると、その向こうには金の光が満ちていた。
目に痛いまでの明るい橙の光り。金と朱色のグラデーションを創る夕日。
それがあまりに眩しくて、目を細めた。
信号が青に変わる。
自転車を漕いで、坂道を上っていった。
紅に染まっているのは道だけでなかった。
道の傍に植えられた低木達。その葉先も真っ赤だ。
夕日に染められているのか、秋風に染められたのかはわからないけれど。
その美しい光景の中にいると、先程までは寂しいものにしか思えなかった肌寒い空気も、何故か優しく感じられた。
空気が澄み、空が高いこの季節に。
夕方の、30分にも満たない時間にしか見られない、天球に展開されるこの壮大なショウ。
紅と朱と、蒼と藍と。対照的な色達の織りなすグラデイション。
地上を染める太陽の断末魔がその手を伸ばして、ユリの目の前を通り過ぎていく。
坂の上で自転車を止め、振り返ると、虚ろだった月が白くはっきりとした実体を得ていた。
ユリは、その月に向かって微笑んだ。





なんでもない自然現象。その美しさに励まされる少女の話でした。
秋は本当にきれいな夕方ですよね。
「秋は夕暮れ」と清少納言も言ってますし。
昔から変わらずきれいな夕暮れが、この空には存在していたのでしょう。
でも、今の日本人はそれに気付いてない。
空を見上げることもないし、地平線を見ることも難しいから太陽が沈む瞬間なんて、海辺にでも行かなければ見られない(日本海側)。
ゆっくり自然の天体ショーを観賞する時間が欲しいものです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

ノイズ

悲しいお話です。









僕はそのニュースを、まっしろい病室の中で、現実感のないまま聞いた。
テレビの中に映っている、見慣れない、けれど見慣れたはずの車は、原型のわからないほどひしゃげていた。


法的な手続きとか、そういうものを取り仕切ってくれたのは、父さんの友人の相良さんだった。
弁護士の相良さんは、父さんが法的トラブルを抱えたら必ず力になる、と約束していたらしい。
相良さんは「葬式をするなんて約束はしてないんだがな・・・」と渋い顔をしていたが、僕はとても助かります、とお礼を言った。
実際、僕と弟は、未成年者(こども)でしかないし、弟に至ってはずっと泣いてばかりいる。
なにしろ未だ6歳だ。両親が死んでしまったことをわかっているだけでも、マシかと思った。

通夜には、会ったことのない親戚とかも多く来ていた。
ニュースで事故のことが報道されたためだろうか。
僕は、遺影をもって、ぼんやりと挨拶を受けていた。
まるで夢みたいに現実感がない。
ただ、相良さんに教えてもらって、喪主は僕がした。
頭や腕に包帯が巻かれたままだったけれど、頭を下げるくらいなら出来る。
一目で怪我人とわかるからだろうか、どの人も話は手短で、何人かは挨拶と名刺を渡すだけで去っていった。
けれど、僕はずっと、視線を感じていた。
不特定多数の・・・敢えて言うならば、ここにいる大多数からの。
ノイズがうるさい。これは人々の囁く声だろうか。それとも、朝から降り出しそうだった雨が、ようやく降り出したのだろうか。
そのさあさあという音に、ほんの数日前のことでしかないあの日の記憶が蘇る。

その日は、家族でプールに行った帰りだった。波のプールや流れるプールにめちゃくちゃはしゃいで、さんざん泳いで、僕らはすっかり疲れ果ててしまっていた。
朝はいい天気だったのに、帰りの車に乗り込んだときにはぽつぽつと雨が降り始めていた。
車の中で、弟はすっかり眠り込んでしまっていた。僕も疲れていたから、後部座席でうとうととしていた。
車の低い駆動音と、わずかな揺れに、次第に意識が虚ろになっていった。
閉じてしまった目蓋の向こうに聞こえるのは、雨が車を叩く音。前の席で、僕らを起こさないように囁き声で話す両親の声。
そのさわさわというノイズに、安心しきって、眠りの海に落ちかけた、その時だった。
があん、と、破壊的な音とものすごい衝撃が僕らを襲った。
何も考えられないほど激しくシェイクされた後、もう一度強い衝撃。
僕の意識があったのは、そこまでだった。

病院で目覚めた僕は、自分たち兄弟が孤児になったことを知った。
原因は、居眠り運転で逆走してきたトラック。正面衝突だったために、車の前席はすっかりつぶれていた。
そのため、ようやっと外に出された両親は、人の形をしているとは言い難かったそうだ。
身元確認などは、相良さんがやってくれたらしい。
僕らには見せたくないくらい、ひどい有様だったのだろう。
でも、それでも僕は会いたかった。僕の家族なのだから。

子供であることがこんなにも悔しかった事はなかった。
僕がもっと大人であったなら。
しかし、僕らが助かったのは体の小さい子供だったから、すきまに入って助かったのだとも聞いた。
大人であったなら助からなかった。しかし、子供であるから何も出来ない。
これではどちらでも一緒じゃないか。
僕は唇をかみしめた。

相良さんに我が侭を言って、火葬の前に両親の顔を見せてもらった。
せめて最後に一目、両親の顔を見たかったのだ。
黒く金縁のつけられた棺の上部に、静かに開けられた窓からのぞく。
薄暗がりの中だったが、白い顔がぽっかりと浮かんで見えた。
ひどい有様になっていることを覚悟していたが、顔の部分だけは整えたのだろう。体は布で隠されているものの、身なりを整えられて棺に入れられた2人の顔は、生前と変わらず優しそうに見えた。
それでも、その顔は僕に痛切に思い知らせた。
死んだのだ。
死んでしまったのだ。
明るい父さんと、優しい母さん。ふたりはもう、僕に、弟に、笑いかけることは無い。
数日前まで、こんなこと思いもしなかった。
いなくなるなんて、思いも寄らなかった。
どうして。
なんで。
そんな思いばかりがぐるぐると全身をかき回し、気付けば僕は泣いていた。
父さんが入れられた箱にすがりつき、呼吸困難になるほど泣いた。

葬式で、目を真っ赤に腫らした僕に、周囲は同情的だった。
弟も、しゃっくりをあげながら僕の手を握りしめている。
ゆっくりと空へ上がっていく煙。それは、薄く広がった雲と溶け合っていくようだった。
ぽつりと、水滴が額を打った。
「涙雨だな」
相良さんが、煙草をくゆらせながら僕らの頭を撫でた。
「空が、お前達の為に、お前達の両親のために、泣いてくれてるんだ」
「おそらが?」
弟は真っ赤な目を見張って、聞き返した。
僕はそっと、目を閉じる。

さあさあというあのノイズが、また、聞こえてきた。





世の中理不尽がやっぱり多すぎます。

テーマ:短編小説 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

別れの海

彼は立っていた。
彼は波打ち際に立っていた。

彼は見つめていた。
彼は遠くを見つめていた。

私は見ていた。
私は彼を、その背中を見ていた。

私は泣いていた。
私は、泣いていた。



僕は立っていた。波打ち際に立っていた。

僕は見つめていた。どこをというわけではないが、敢えて言うならばこの命を見つめていた。

彼女は見ていた。僕を、ずっとずっと見てくれていた。

彼女は泣いていた。僕が泣かせてしまった。



ごめんねもありがとうも言えないままに。
さようならすら言えず。

海へと還っていってしまった。






大事な人が死んでしまったら。突然いなくなってしまったら。
世の中そういう理不尽が多すぎると思います。

このページのトップへ

雲の翼

つばさは空を飛んでいた。
見下ろす町並みは、見慣れない風景なのに懐かしさを覚える。
広がる黄緑色の畑。商店街だろうか、広い通りと、住宅地。その先には大きな建物がたくさんあるのが見えた。
だが、のんびりしていられる訳ではなかった。
つばさは自分が追われていることを知っていた。
眼には見えないが、彼らは確実に近付いてきている。
彼らはつばさの命になど執着はない。目的を遂げるためならば、平気でつばさを撃ち落とすだろう。
つばさは必死だった。
死にたくはなかった。

なぜ追われているのかと言えば、つばさの背にあるものが原因だった。
翼。
つばさが空を飛ぶことの出来る理由。一対の、つばさの背より少し大きいそれは、薄く曇った日の空のような、白に限りなく近いグレイだ。

それがあるから、つばさは追われていた。
そして、それがあるから、つばさは逃げることが出来ていた。

だが、つばさは追い詰められていた。
逃げ続けて体力も底をついている。へろへろの体で辿り着いたのが、長いこと帰っていなかった、故郷の街だった。
ここに逃げてきたからといっても、頼れる知人がいるわけでもない。
隠れ家があるわけでもない。
それでも翼は故郷を目指して飛んでいた。
追いつかれ、振り切り、それを繰り返しながら、やっとの思いで辿り着いたのだった。

背後に、影が差した。
気付いて、咄嗟に左に避けたが、右の翼を矢が掠めた。
痛みに悲鳴を上げたが、追っ手はそんなことに頓着しなかった。
コウモリのような形をしたロボットは、続いて矢を放とうと、狙いをつけていた。
5体。怪我をした翼では、振り切れるかどうかは怪しい。
だが、武器を持たないつばさには、戦うことはそれ以上の自殺行為だった。

出来る限りのスピードで、コウモリ達の放つ矢を避けながら飛ぶ。
しかし避けるための動きが必要な分、つばさの方が遅くなるのは仕方のないことだった。
このままでは、いずれ追い詰められて撃ち落とされるだろう。
それならば。

突然、急降下したつばさに、コウモリ達は反応できなかった。
重力による加速も利用して、ぐんと引き離す。
地上すれすれで、翼を強く打ち鳴らして落下速度を落とす。
かなりのスピードが出ていたために、翼への負担もかなりのものだ。
付け根が痛んだが、今それを構っているヒマはなかった。

降りたのは商店街の通りだった。
買いものの途中だったのだろうか、人々がぽかんと翼をみている。
つばさは人々の反応など目にも留めず、すぐさま地面と平行に飛び始めた。
向かうのは北の方角だ。大きな建物の見えた方角。あそこならば、隠れるところも多いだろう。
車とまでは行かないまでも、競技用自転車ほどのスピードは出ている。
耳の傍で、風がごうごうとうなっていた。

コウモリ達も引き離されたくらいで諦めることはなかった。
追ってきて、今度は上空から矢を射かける。
だが、一般市民に被害が出ることを懸念しているのか、その矢はそれまでよりもぐっと少ない。
時折翼でたたき落とし、ほとんどは避ける。
5対1の圧倒的な数の不利がありながらも、つばさはよく保っていた。
それでもへとへとに疲れていた体には、すぐに限界が訪れた。
矢を避けきれず、今度は左の翼に当たる。
悲鳴とともに、ぐらりとバランスを崩したつばさに、追い打ちを掛けようとコウモリ達は一斉に矢を射かけた。

しかし、矢はつばさには届かなかった。
払ったのは、日本刀。それを持っていたのは、短い黒髪の女性だった。
つばさよりも5歳は年上だろう。成熟した女性の体は、しかし引き締まった戦士のものだった。
「大丈夫ですか」
落ちかけたつばさを受けとめ、声を掛けたのは、つばさと同年代の少年だった。
顔立ちは整っていて、かっこいいというよりはかわいいと言われそうだ。
しかしその目は厳しいとすら言えるほど真剣で、体格の変わらないつばさを受けとめられたことから、体もしっかりと鍛えられていることが伺えた。
「先に行きなさい」
「はい」
短い会話で意図が通じたらしい。女性は刀をコウモリ達へ向け、少年はつばさの腕を掴むとすごいスピードで走り始めた。
彼の足にはローラースケートに似た物がついており、それがすごいスピードのもとになっていた。

つばさは混乱していた。彼らに見覚えはない。しかし、行動からは味方のように思われた。
だが、つばさには味方の心当たりがない。
少年達が何者なのか、何処へ向かっているのか。
聞こうにも、素晴らしいスピードを見せる少年について飛ぶのが精一杯で、とても言葉を発する余裕はなかった。

辿り着いたのは、つばさが目指していた大きな建物が建ち並ぶ一角・・・団地だった。
「あっちです」
すこしスピードを緩めた少年が、奥の方にある一角を指した。
「中に入れば一息つけます。リーダーがいますから」
「あ、あの・・・誰なんですか」
タイミングが悪かったかも知れない。
つばさは少年は誰かと聞いたつもりだったが、これではリーダーが誰かと思われただろう。
だが、リーダーと呼ばれる人間が誰なのかも、つばさの知りたいことの一つだった。
「安心して。僕らはあなたの味方です」
少年はにっこり笑ってみせたが、つばさの不安は晴れなかった。
それでも、長い時間飛び続けてへとへとのつばさには、手を振り払うことも出来そうになかった。
少年の案内に従って建物の一つに入る。中は狭く薄暗い階段になっていて、少年はソーラーのついた靴のままで器用に階段を上っていった。
飛びっぱなしで力の入らない足に活を入れながらついていくと、少年は3階で止まった。
扉には標識も何も掛かっていない。年季の入ったその金属製のドアを、少年は奇妙なリズムで叩いた。
「翼を連れてきました」
名を知っているのかと、つばさはぎょっとした。ぎいと音を立てて開いた扉からは、がっしりとした体格の男性が顔を覗かせていた。
「やあ、つばさ。ひさしぶり」
人を安心させるような、おおらかな笑顔。
その顔には見覚えがあった。
つばさの胸に、表情に、安堵が満ちた。

「とうさん!」

彼の背には、つばさよりも大きな、黒の翼があった。





ファンタジー風味。続きなんか考えてません。
設定は一応考えてあるんですが・・・見たい人は「続きを読む」でどうぞ。
設定マニアなので設定だけは細かいですよ。 【“雲の翼”の続きを読む】

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

幽霊

眠れないので、書きます。


幽霊について。



皆さんは幽霊がいると思いますか?
自分はいると思ってます。理由はいた方が面白いから。
しらないもの、認識できないものがあった方が、あると思った方が、世界が広がるような気がするじゃないですか。


霊感がある人、ない人っていますが、なぜそんな差があるのでしょうか。
仮説ですが、「幽霊と波長の合いやすい人」が霊感のある人、なのではないかと思っています。
イメージとしては、ラジオ。
周波数をあわせないと聞こえないでしょう?
人によって、聞くことの出来る周波数が違っていて、その差で霊感のあるなしがあらわれるではないでしょうか。

自分は見たことはありません。が、変な声は稀に聞きます。

学校内、一年間に渡ってたびたび同じところで謎の声が聞こえれば、それは疑わざるを得ません。
しかもそこの近くに、花が供えてあるんですよね・・・。
毎回、呼ばれるんです。
でも振り向いても、誰も呼んでないっていうんですよ。
呼ぶ声も聞こえなかったと。
名前を呼ばれたような気がするのだけれど、よくよく考えてみたら本当に名前を呼ばれたのか確証が無くて・・・。
多分、「呼びかける」っていう思念だったんじゃないかと。
誰かを特定して呼んでいる訳ではなくて、たとえるならば「おおーい」くらいの、誰彼構わず働きかけているような。
因みに、一年間くらいきこえていたものの、最近はそこを通っても聞こえなくなりました。
花も置かれなくなりましたし。
成仏したんじゃないかなと思います。

小学校の頃は、校内でよく、「人の気配」や「感情」のようなものを感じていたように思います。
今の自分からは考えられないほど、人の感情が感じられていました。
目を合わせると、ダイレクトに来るんですよね。特に悪感情が。
嫌われていた・・・というかいじめられっこだったので、向けられる悪感情には事欠きませんでした。
それが痛くて、感情をシャットアウトするようになっていった、と思います。
幽霊とはちょっと違うかも知れませんが、きっとこれも「周波数」があっちゃったからだと思います。
いまでも、人間がいっぱいいるところは苦手です。
なんだか、「圧力」のようなものを感じるんですよね。
いっぱいの気配や感情が、圧力・重さのように感じられているんじゃないかと思ってます。
ほとんどのひとが感情の「重さ」は感じられると思いますよ。
「愛が重い」とか、「重たい空気」とか言うじゃないですか。
あれです、あれ。

それから、トトロやキジムナーなんかの精霊っぽいもの。
彼らは、「純粋な」存在であるために、「純粋な」子供のうちにしか、周波数をあわせることが出来ない。
よって、子供の時にしか会えない、ということだと思ってます。

この純粋な、というのは「無邪気」とかとはちょっと違います。
「知らない」ことが重要なファクターではないかと。
大人になるにつれて、人は多くのことを、感情を「知り」ます。
それによって、ひとの心、思考、感情はどんどんと複雑化していきます。
子どもは感情のバラエティを未だ知らない。
それ故、その心や思考、感情は大人に比べ単純な構造になる。
その「単純さ」が「純粋」であるということ。

受信側が「純粋」であるほど、いろいろな周波数を受け取ることが出来る、合わせることが出来るのではないでしょうか。
おおざっぱなメモリの方が、合わせるのが楽だったりとか。
すきまが空いている分、他のものを受け入れやすいとか。

まあ、見えなくて良かったと思います。
大学いっぱいいそうですもん。

テーマ:オカルト・ホラー - ジャンル:

このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。