River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

どんな君でも

君の裏切りに傷付き
何もできず 言えず
君から逃げた(逃げちゃいけなかったのに)

傷付けられて別れたあの夜
後悔もあるけど
悲しかった
君は(僕を)どう思ってるの?

どうすれば 良かったのか
どう言えば 良いのだろうか
もう どうしようもないのか

君の思いを全て理解するのは
君じゃない僕には
できなくて(当たり前だ)
僕の思いを全部理解するのも
僕じゃない君には
できないんだろう(当然か)

(だから)

言葉で伝えるよ 伝えきれないけど
僕の想い
僕の悲しみ
僕の愛

わがままでも不器用でも
それが君
全てを抱きしめるよ

傷付けられてもいい
君を愛する心は
何があっても消えない
僕の全て

君の全てを 僕の全てで 愛する





今回は男性視点のような。
詩に読む恋人達は、もしかしたら自分の理想なのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

このページのトップへ

コメント

素敵です
好きになるって、理屈じゃないから
裏切りも理解も欠点も
全部飛び越えちゃう感情だから
なんか、わかるな・・この世界

  • 2007/09/12(水) 14:08:01 |
  • URL |
  • クローバー #-
  • [編集]

共感を得られて良かったです。
本当に、まったくの想像なので。
モデルすらいないので、妄想の域ですかね。
その、「理屈じゃない」感情を、感じる日は来るのでしょうか・・・

  • 2007/09/13(木) 00:10:24 |
  • URL |
  • 裕 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/19-affaa6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。