River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

別れの海

彼は立っていた。
彼は波打ち際に立っていた。

彼は見つめていた。
彼は遠くを見つめていた。

私は見ていた。
私は彼を、その背中を見ていた。

私は泣いていた。
私は、泣いていた。



僕は立っていた。波打ち際に立っていた。

僕は見つめていた。どこをというわけではないが、敢えて言うならばこの命を見つめていた。

彼女は見ていた。僕を、ずっとずっと見てくれていた。

彼女は泣いていた。僕が泣かせてしまった。



ごめんねもありがとうも言えないままに。
さようならすら言えず。

海へと還っていってしまった。






大事な人が死んでしまったら。突然いなくなってしまったら。
世の中そういう理不尽が多すぎると思います。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

同感です・・・最近は、多過ぎます・・・・・・。

  • 2007/10/11(木) 20:14:37 |
  • URL |
  • クローバー #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/30-27fe26a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。