River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

Flaver OF Life

ちょっとぐろいかもしれないです。バトルロワイアルが見られない人は見ない方がよいかと。





あかいいろ、ながれるおと。
命の匂い。


夏とはいえ、もう肌寒くなってくる時間帯だった。
遠くの海に沈もうとしている太陽の断末魔が、目を焼く。
崖っぷちに立っていると、海風が思った以上に強い。
ゆらゆらと視界が揺れて、水平線が歪んで見えた。
耳元で唸る風の音が、まるで悲鳴のように聞こえた。
海のさざ波が、まるでうめき声のように聞こえた。
怖くなって振り返ると、そこも真っ赤な世界だった。
ゆらゆら、視界が揺れる。歪む。
自分の感情が分からなかった。
なんなんだろう。何故なんだろう。
問いたくて、震える足でそうっとそれに近付いた。
見下ろす。
うつろに開かれたガラス玉のような眼球が、自分の姿を映していた。
真っ赤に染まった自分の姿。
その顔は、酷く奇妙に歪んでいた。
嬉しいような。悲しいような。
何が嬉しいというのだろう。ひとを殺したのに。
何が悲しいというのだろう。こいつは仇なのに。
どく、どく、という血液の流れる音がうるさかった。
自分にはあるこの音が、足下のこいつにはもう無いのだ。
自分が消したのだ。
あの腹立たしいまでに毒々しい笑みも。
ひとを嘲り感情を逆撫でする声も。
ああ、こいつは心から憎らしいやつだった。
父を殺し母を殺したやつだった。
たくさんのひとを不幸にし、たくさんのひとに恨まれ、たくさんのひとに憎まれているやつだった。
それでもこいつは、生きていたのだ。
僕はその命を奪ったのだ。
僕はこいつを殺したのだ!
ひとびとは僕を讃えるだろう。
英雄と呼ぶだろう。
けれど僕はそうは思えない。
結局僕は、憎んで恨んで大嫌いだったこいつと同じになってしまったのだ。
なりたくなんてなりたかった。
けれど、そうならずにはいられなかった。
視界を歪ませたダムが、とうとう決壊した。
頬を伝っていく涙も、きっと真っ赤になっているだろう。
「さようなら」
確かに、僕とあんたは似ていたのかも知れない。今ならそう思えるよ。
だって、あんたが僕を殺そうとしたように、僕もあんたを殺さずにはいられなかった!
でも大嫌いだ。
絶対にあんたを憎み続ける。
同時に、自分のことも・・・。
空を見上げた。赤銅色から青、群青へのグラデーション。
その正反対の色が混じり合う様子が、今の自分のように思えて笑いがこみ上げてきた。
ここには僕以外誰もいない。それを止める理由もなかった。
狂ったように笑いながら、狂ったように泣いていた。
鉄錆の匂いに侵されていくような気がしていた。
きっと身体の芯まで染みついてしまったに違いない。
ずっとこの匂いとともに生きてゆくのだと思った。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

う~ん、私は、いけません、これ・・・(笑)
推理小説、探偵物、大好きなんですけど、グロテスクなのは苦手です。別にぶってるわけじゃないですよ~そんな年じゃぁありません。
推理物もシリーズ系が好きなんですよ。
アガサクリスティーのポワロとか、名探偵コナンとか・・・何か安心するじゃないですか。いつも同じメンバーが出てくると^^幼稚、かな?

  • 2008/02/09(土) 17:09:00 |
  • URL |
  • クローバー #-
  • [編集]

駄目な人もいるだろうなと思って、しばらくのせるのを躊躇いましたが。
一応、前置きだけはしておいたので。
あえて、グロさに挑戦したのです。自分の限界がここでした。ぐろいの好きな人はきっと物足りないでしょう。

因みに、某有名な魔法使いの少年の話をイメージしています。最終巻読んでないので、想像でしかないですが。
勧善懲悪ものって、ひねた見方をするとこうなるよっていう感じで見て頂けると。

  • 2008/02/10(日) 14:01:33 |
  • URL |
  • 裕 #-
  • [編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/46-5fff5ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。