River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

空蝉


鬱な夏シリーズ、その1。



蝉の脱け殻を見ると、ちいさな頃を思い出す。

動きが鈍く虫取りの苦手だったこどもは、
掴まえられないちいさな宝石たちの代わりに、
なきさけぶ蝉の脱ぎ捨てた、空の骸を集めた。

ちいさな虫籠いっぱいに集めた、飴色の虫形たちは、
転げて倒れたこどもの腹に押しつぶされて、
軽やかな音を立てて粉々になった。

すでに魂の抜けた空の器。

それを再度コロして、こどもは泣いた。

自らの玩具(コレクション)が毀れて、ないた。

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/65-51863a93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。