River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

鬱な夏シリーズ、その3

お盆をイメージ


八月は虚ろな月だ。

空は絵の具をぶちまけたみたいにのっぺりした色になるし

蝉はわんわんないていろんなモノを誤魔化そうとする

つくりものの樹にしがみついて生まれ変わった脱け殻はこなごなに潰され

生を謳歌した魂もやがて骸となって地に墜ちる

夏の明るい陽射しは何もかもを白日の下に晒すようで

その実、全てを濃い影の中に隠匿している

人びとは享楽に耽り一時不都合を忘れ

互いに共犯となってその罪に見て見ぬふりをする

纏う服は薄布になりながら飾る嘘は厚くなる

何と空虚な時か。

空になった現世に、ほら、死人が還ってくる

スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/67-58d73132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。