River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

旅の記録2/1


2/1 メコン川

メコン川へ。現地で予約したツアーである。(アオザイ・ツアーというツアー会社。日本語で応対してくれるのがありがたい。案内人も日本語で案内してくれる。支払いは基本的にはドルだがベトナムドンでもOK。)

案内人から聞いた話。
ホーチミンに住んでいるひと約1000万人のうち、七割ほどが出稼ぎだそうだ。
バイクは日本のホンダは高いので、韓国や台湾製が多い(しかしHONDAの看板やロゴはよく見かける)。二人乗りは法的にOKで、50cc以下は免許がいらないのだそうだ。私たちでも乗れると言うことだが、交通事情を見る限り、私には無謀というほかない。あんなに器用にすいすいよけて運転するなんて無理です。車はばんばんクラクションを鳴らすが、コレはよけろという意味だろうか。道幅はとても広いが、そのほとんどをバイクが占領しているので、よけて貰わないと車は通れない。
道ぞいに池。蓮が咲いている。ベトナムの国の花だそうだ。ベトナム・エアラインのモチーフにもなっている。同時に、何故か牛がくつろいでいる。誰が飼っているのだろうか。
旧正月は長いことお休みするのがならわしだそうだ。流石に都市部は一週間くらいだが、いまでも田舎は一ヶ月くらい休んで遊ぶのだそう。
ベトナムの義務教育は小学校5年中学校4年。高校は三年だが義務ではない。朝は7:30から学校で、早い時間なので、みんな朝食は屋台で食べるのだそうだ。フランスパンのサンドイッチやフォー、うどんのようなものなど。他に男性は毒蛇を食したりもするらしい。また、悪いことがあると、孵化しかけの卵を食べる。良いことも悪いことも半分という意味を込めて、悪いことから良いことに事態が好転するのを祈るのだそうだ。因みに、ベトナムのひとは市場が好きらしい。
道沿いに露店が出ており、場所によって売っているものが違う。このあたりにはコレを売る店、と何となく決まっている様子。市内も、露店に限らず通りによって店の種類がだいたい共通している。比べて買うにはやりやすそう。



永長寺。19C頃の建築物。割と新しめで、白い壁と華やかな装飾が目を引く。境内には高僧の墓や仏教学校もある。花や線香を供えており、日本の寺よりも華やかというか、きらきらしい。願い事を紙に書いて、鐘をついて祈る。結婚式も寺でやっている。というより、自分の信じる宗教によるのだろう。
中国風のところがあった。礼拝の仕方、仏像の衣装、漢字の書かれた額。ベトナム語の中には感じに似た発音のものがある。「CHU YI!」=注意!
入り口の門(これも壮麗なもの)は、焼き物の技術を日本から、装飾についてはフランスの影響を受けているそうだ。侵略や支配の歴史が、ベトナムの文化に色濃く残っている。



メコン沿いの町、ミー市。ミー族というのは、美人という意味だそうだ。美人が多かったのだろう。
メコン川は前川と後川とあり、水上マーケットがあるのは後川。水深は20Mくらいだった。海まで50KMの地点。カンボジアとの国境に橋が架かっている。水産物が多くとれ、海水が入ってくるとエビやカニも捕れるそうだ。小魚を発行させたナムプラーが有名である。中洲には住居やココナツ農園などがあり、そこが観光地になっている。ココナツの木に住むネズミを食したり、養蜂で蜂蜜やローヤルゼリーをとったりもしているそうだ。蜂蜜にキンカンを搾りお茶で薄めて飲む。うまい。
水上に浮かぶ家では魚の養殖もしている。仕事は朝早く、午後3時頃に終わる。ハンモックで寝ており、ハンモックを露店などでよく売っている。ストールのたぐいかと思っていたが・・・。屋根は水椰子の葉で葺いてあり、風通しの良い作り。家財には螺鈿細工が多く見られる。
ココナッツキャラメルはココナツミルクを絞って混ぜて混ぜて混ぜて作る。作りたては甘くて柔らかくて美味。でもドリアン味とか・・・。
5-11月が浮きで、2-3月が最も暑いらしい。二毛作+果物が主流。メコンは果物の本場で、ドリアンやマンゴスチン。マンゴーが地元では人気。とんがらし塩をつけて食べる。美味。因みにマンゴスチンは高級品らしい。ドラゴンフルーツは甘くないので地元の人は苦手。他、オレンジ色のパパイヤ、柿に似た果物、白い果肉に黒いつぶつぶのドラゴンフルーツ(皮のピンク色が強烈)、不思議な模様に皮の剥かれたパイナップルが食べられた。唐辛子塩は美味。
運河を下る。リアルジャングルクルーズである。狭い運河を沢山の小舟がごんごんぶつかりながら行き交う。こぎ手は前後に二人、座り込んでこいでいる人が多いが偶に立ってこいでいるひとも。スピードも出て涼しい。こぎ手のおばあちゃんが素敵な笑顔をくれた。蚊は思いの外居ない。
昼食はレストランで。レモンソーダが美味しい。砂糖にレモンをしぼってソーダで混ぜる。魚を手でほぐして生春巻きに。日本のそれとは違い結構堅めの皮。魚が美味しい。果物も入る。チャーハンぽいものも美味しい。
帰り道、新興住宅地を遠目に見る。建物は色とりどりで装飾も凝っている。窓が大きく細かい格子が付随する。フランス領時代の名残か、デザイン性が高い。






スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/76-cada504e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。