River in the Morning

川面にたちこめる朝靄。色が失せ、グレイに染まる風景。 心の原風景のひとつ。そんなものに、私はなりたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

幼稚園の時間

親友、だいずがそんな話をしていたので、初めてトラックバックを使って、私も少しお話をさせていただこうと思います。




友達と遊んだ記憶、というのが実はほとんど無く。
人が遊んでいる光景、の記憶があります。
幼稚園の頃の私の記憶には、“私”以外の登場人物がいないんです。
誰かと話した、誰かと遊んだ、誰と何した、そう言う記憶が。
発達段階からして、そういう狭い世界しか持っていないのは当然なのかも知れないけれど、それにしても・・・情けない。

なので、少ない記憶から。


当時、私はピーマンが大嫌いでした。一切食べられなかった。
逆に、お肉が大好きでした。
そうしたら、お弁当に、“ピーマンの肉詰め”が入っていたんです。
幼稚園児だった私は悩みました。ピーマンは嫌い、でも肉は好き。
とうとう覚悟を決めて、ばくっ、と一口。
「あ、意外に苦くない。」
こうしてピーマンを克服しました。ある意味、母の策略にまんまとはまったことになります。



お遊戯会、と言う名だったか忘れましたが、発表会がありました。
跳び箱でした。
みんな四段、五段を飛べるんですが、私、三段しか飛べなかったんです。
当日まで、一回も成功し無くって。
本番、みながぽんぽん四段を飛んでいく中で。
私の番になったとき、先生が、跳び箱に手を掛けて、こちらを見ました。
三段にする?と目線で聞いてきたのです。
私は意固地になって、首を横に振って、手を外させました。
だあっと跳んだら、初めて、跳べた。

このときの記憶からか、自分が期待されてない、と思うと、逆にがんばってうまくいくことが多いです。
あまのじゃくなのか、本番に強いのか。



スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://chiro129.blog117.fc2.com/tb.php/97-e3e02bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

FC2カウンター

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

裕

Author:裕
微病弱・酒煙草苦手・甘味党・文系新米教師。
日常的に脳みその中で言葉をこねくり回しています。

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。